*CALENDAR*
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
観た映画(たまに好きなドラマやアニメも)の覚え書き♪
*PROFILE*
*LIST*
★ 洋 画 【ア〜ナ】
      【ハ〜ワ】
★ 邦 画 【あ〜な】
      【は〜わ】
★ アニメ映画

★ My オススメ洋画(☆4つ)
★ My オススメ邦画( 〃 )

★ My 殿堂入り洋画(☆5つ)
★ My 殿堂入り邦画( 〃 )

★ 海外ドラマ
★ 日本ドラマ
★ TVアニメ
*COMMENT*
*MY TWITTER*
*RANKING*
Mobile
qrcode
Search
邦画『ミックス。』
評価:
---
ポニーキャニオン
¥ 5,526
(2018-05-02)

<< あらすじ >>
TV「リーガルハイ」の人気脚本家・古沢良太のオリジナル脚本を、主演の新垣結衣、瑛太に加え、広末涼子、瀬戸康史、永野芽郁、蒼井優、遠藤憲一、小日向文世をはじめとする多彩なキャストの豪華共演で映画化した痛快スポ根・ラブコメディ。幼い頃の母のスパルタ指導がトラウマとなっている元天才卓球少女の富田多満子。母の死後は平凡な人生を送っていた彼女だったが、会社の卓球部のイケメンエース・江島に告白され付き合い始める。しかし喜びも束の間、新入社員の美人卓球選手・愛莉に江島を寝取られてしまい、逃げるように田舎に帰った多満子。その実家ではひとり暮らしの父が、赤字続きの卓球クラブを畳もうか悩んでいた。そんな中、江島と愛莉のラブラブな姿を見せつけられ、復讐心に火が付いた多満子。2人を見返すべく、全日本選手権のミックス・ダブルス部門への出場を決意する。そんな多満子がパートナーに選んだのは、新入部員で妻子に見捨てられた卓球ド素人の元プロボクサー・萩原。こうして多満子は、クラブの再建と打倒江島・愛莉ペアを目標に、欠点だらけの部員たちと猛特訓を開始するのだったが…。     (by allcinema)
------------------------------------------------------------------

最近、MLBのエンジェルスの大谷翔平君にハマっていまして、彼の動画をよく観ているんです。
で! なんかスポーツ映画が観たいなぁ〜と(笑)
何かあるかな〜?と探していて見つけたのがこの作品。卓球ですけど。
観始めて10分くらいで、失敗したかも??? やっぱり卓球映画なら『ピンポン』が最高よね〜と思いながらも見続けました。
スポーツ映画って(毎度書いていますが)、ストーリー的には王道ばかり。いい時があって、どん底に落ちて、そして再び浮上しパターン。
と、わかっていてもハマって感動してしまうのがスポーツ映画の醍醐味です。
本作品も後半からは胸にジワジワとくるものを感じながら、よっしゃ!と声まで出しながら観ましたよぉ(笑)
登場人物たちのプライヴェートの事情なんかも織り込められ(これもパターンではありますが)、私的には、(年齢的に?)田中美佐子&遠藤憲一夫婦ミックスペアに肩入れしちゃいました。

観終わった後の爽快感が最高! 
本作品は泣けるまではいけませんでしが、泣けるくらい感動する面白いスポーツ映画が観たいなぁ〜。



   にほんブログ村 映画ブログへ ← ポチっとよろしくです(*´ー`*人)
JUGEMテーマ:邦画



【PR】ネットで簡単完結!携帯端末の補償サービス【モバイルの保険】
【PR】ドンペリより美味しいワイン!ワインショップ イーエックス
【PR】古本、CD、DVD、ゲーム販売のもったいない本舗
【PR】直火式炭火製法の石狩川ベーコン☆北海道トンデンファーム

| 邦画 ★★★ | comments(0) |
洋画『マイティ・ソー バトルロイヤル』

<< あらすじ >>
クリス・ヘムズワース演じるマーベルの人気キャラクター“ソー”が主役の「マイティ・ソー」シリーズ第3弾にして「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」へと繋がるアクション・アドベンチャー大作。アスガルドの王子でありながらアベンジャーズの一員となり、地球を守る戦いに身を投じてきたソーはある日、再会した父オーディンから世界の終わり(ラグナロク)が迫っていると告げられる。そこに現れたのは、ある理由からアスガルドに対し強烈な恨みを抱く死の女神ヘラ。ソーの究極の武器ムジョルニアをいとも簡単に破壊する圧倒的なパワーを持つ彼女は、アスガルドの文明を崩壊させるという恐るべき復讐を計画していた。そんな中、ヘラによって宇宙の辺境サカール星に飛ばされてしまうソーだっただが…。     (by allcinema)
------------------------------------------------------------------

やっぱりマーベル系は面白く楽しめますねぇ〜。
といっても、マイティ・ソーにはあまり思い入れはないのですが、大好きなドクター・ストレンジ(ベネディクト・カンバーバッチ)が出ているし〜とワクワクして観たのですが・・・えっ!あれだけ???とガッカリ感が。
でも、最後までハマって観ることができました(笑)
おまけに子供の頃から大好きなハルクも・・だし。(ネタバレしないようにするのも大変・・・)。
ずるいよなぁ〜マーベル! 必ず続きを観させるための伏線がクレジットの後にあって、「絶対、観なくちゃ!」って気持ちにさせるし。
もう『アベンジャーズ インフィニティウォー』を観なきゃだめじゃん。

今回の作品で相変わらず裏切るけどロキも結末は良かったし、ソーの父・オーディン(アンソニー・ホプキンス)が亡くなるのはウルってくるし、『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』で身を犠牲にし、まるで『アルマゲドン』のラストのように宇宙の彼方へ消えていったハルクが健在でブラック・ウィドウ(スカーレット・ヨハンソン)の画像を観て自分を思い出したところもなんかジーンとなるし、と見どころはたくさんあります。
最初からソーってあんなにユーモアがあったっけ?って思うくらい、ジョークも笑えましたね〜。

ただ・・・ソーはやっぱり長髪がいい!! 北欧神話がベースだし。
あと、余談ですが、北欧神話での世界の終末のことを「ラグナロク」というのは知っていたのですが、自分、「ラグナ録」だとずーっと思っていました。あはは この作品を観て「RAGNAROK」だと知り、なんだか恥ずかしくなったという。



   にほんブログ村 映画ブログへ ← ポチっとよろしくです(*´ー`*人)
JUGEMテーマ:洋画

 


【PR】日本最大級のチケット売買サイト「チケットキャンプ」
【PR】野菜ソムリエが素材を厳選したオリジナル焼肉・しゃぶしゃぶタレ『味禅』
【PR】残留塩素も除去します!水素入浴剤湯上りカラダ美人
【PR】厳選された高級和牛の通販なら和牛専門のたわら屋へ

 

| 洋画 ★★★ | comments(0) |
邦画『TAP THE LAST SHOW』
評価:
---
TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)
¥ 3,809
(2017-11-29)

<< あらすじ >>
水谷豊が自ら主演も兼ね、記念すべき映画監督デビューを飾ったエンタテインメント・ドラマ。天才タップダンサーの渡真二郎はステージ上で大怪我を負い引退を余儀なくされる。それから約30年後。振付師をしながらも、酒に溺れて自堕落な日々を送っていた渡。そんな彼の前に、タップの殿堂“THE TOPS”のオーナーにして渡の盟友である毛利喜一郎が現われ、THE TOPSがついに看板を降ろすことになったと告げる。ついてはTHE TOPSのラスト・ショウを渡に演出してほしいというのだった。最初は気乗りしまいままオーディションに参加した渡だったが、厳しい選考の末にMAKOTO、RYUICHI、MIKA、YOKO、JUNの5人を選抜する。こうして、それぞれに事情を抱えながらもタップにすべてを懸ける若きダンサーたちとともに、誰も見たことのないステージを作り上げるべく過酷な挑戦に乗り出した渡だったが…。     (by allcinema)
------------------------------------------------------------------

タップダンスを題材にしたスポ根映画(って言っていいと思います)。
ストーリーは王道で、『コーラスライン』に通じるものはあるものの、ダンス好きには堪らない作品です。
熱いっていいなぁ〜って思わされます。

公演中の事故で再起不能になり落ちぶれた伝説の天才タップダンサー役に水谷豊が。彼はこの作品の監督もされたんですね〜。初監督作品なのだとか。
廃れたショー舞台劇場が閉鎖されて、最後のショーの演出に駆り出され、若手を育てるというお話です。
やはり見物は後半のラストショー。群舞とかピッタリ合うとタップダンスはすごく格好いいんですよねぇ〜。
オーディションに合格し出演するダンサーにもプライヴェートではいろいろあって・・・と先にも書きましたがコーラスラインと被ってはいるものの、プロを目指しがんばる姿には応援したくなります。

スポ根映画(に分類しちゃいましたが)は観終わった後、清々しい気持ちにさせてくれるところが最高ですね^^




   にほんブログ村 映画ブログへ ← ポチっとよろしくです(*´ー`*人)
JUGEMテーマ:邦画

 


【PR】4年連続最優秀賞受賞の生産者が育てる最高級の松阪牛『松阪牛.net』
【PR】安心な車査定をするなら一括査定.com
【PR】靴とマットレスの公式通販サイト【アキレスウェブショップ】
【PR】フリーズドライカレー5種お試しセット1,620円(税込)★アマノフーズ

 

| 邦画 ★★★ | comments(0) |
洋画『ジャスティス・リーグ』
評価:
---
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
¥ 2,784
(2018-03-21)

<< あらすじ >>
「マン・オブ・スティール」に始まるDCコミックス原作実写映画のクロスオーバー・シリーズ“DCエクステンデッド・ユニバース”作品の1本で、DCコミックスが誇る人気スーパーヒーロー総出演で贈るアクション・アドベンチャー超大作。スーパーマンの犠牲によって恐るべきドゥームズデイから辛くも守られた世界。しかしスーパーマンのいなくなった地球にはさらなる魔の手が迫っていた。バットマンはそんな世界滅亡の危機をいち早く察知すると、先の戦いで出会ったワンダーウーマンとともに超人たちのスカウトに乗り出す。こうして集められたのは、世界最速にしてオタクな青年“フラッシュ”ことバレリー・アレン、水陸両棲の怪力男“アクアマン”ことアーサー・カリー、全身のほとんどが機械化された“サイボーグ”ことビクター・ストーンといういずれ劣らぬ個性派超人たち。迫り来る脅威に立ち向かうべく、そんな我の強い彼らを、柄にもなくチームとしてまとめ上げようと奮闘するバットマンだったが…。     (by allcinema)
------------------------------------------------------------------

あーー面白かった!
正義は勝つ!は本当に小気味いいですね〜。
私の大好きなワンダーウーマン(ガル・ガドット)も格好よくて美しすぎて最高でした(笑)
今回初登場のアクアマン(ジェイソン・モモア)も格好いいし、フラッシュもユニークで笑わせてくれるし、エンターテイメント作品はただ単純に楽しめるから大好きです。
でも、そこここに教訓も織り込められています。
バットマンの「科学は人類を繁栄させる」に対して、ワンダーウーマンは「正しい理由と心がなければ、人類を破滅をもさせる」と答えます。
ご尤も! 私もその通りだと思います。
結局はクリプトン星人を生き返らせるわけなのですが。
宇宙最強はやっぱりクリプトン星人なのね〜と。ハーフゴッドのワンダーウーマンやアクアマンは次席というのがなんか腑に落ちないところではありますが。
ジャスティス・リーグの次なる活躍を心待ちにしています^^



   にほんブログ村 映画ブログへ ← ポチっとよろしくです(*´ー`*人)
JUGEMテーマ:おすすめの一本!!(洋画)



【PR】7種の野菜の旨みがギュッと凝縮。安心無添加野菜ブイヨン
【PR】空席を確認しながら簡単予約!エアナビ.com
【PR】子供の熱中症、夏バテ対策にすぽーつ麦茶
【PR】今治のジャカード織で織り上げた高級綿のコットンタオル「hug you」

| 洋画 ★★★★ | comments(0) |
洋画『グレイテスト・ショーマン』
評価:
オリジナル・サウンドトラック
ワーナーミュージック・ジャパン
¥ 2,050
(2018-01-17)

<< あらすじ >>
ヒュー・ジャックマンが「ラ・ラ・ランド」でアカデミー歌曲賞を受賞した作詞作曲家チームとタッグを組んで贈る感動のミュージカル・エンタテインメント。19世紀半ばのアメリカ。貧しい少年時代を過ごしたP・T・バーナムは、幼なじみのお嬢様チャリティとの身分違いの恋を実らせ結婚する。そして愛する家族のために成功を追い求め、挑戦と失敗を繰り返した末、ついに前代未聞のショーをつくりあげ、大衆の心を掴むことに成功する。しかし、そのあまりにも型破りなショーに上流階級の人々は眉をひそめるばかり。そこで英国で成功を収めた上流階級出身の若き興行師フィリップを口説き、パートナーとして迎えるバーナムだったが…。     (by allcinema)
------------------------------------------------------------------

ミュージカル映画としては良い出来栄えでした。歌もダンスもよかったし、ストーリー展開もテンポもいいし。
ストーリーのテーマも素晴らしいしね。
特にプロモーショナル・シングルにもなった『This Is Me』には感動しました。「これが私よ!自信を持って!」と人々に勇気を与える歌で、聞き惚れてしまいましたよ。

ただ何でだろう。実際はフリークスショーの興行師だからなのかな〜なんか素直に受け入れることができない自分もいて。と、へそ曲がりな私です。
偏見とか持っているわけじゃないんですけど、哀しみみたいな気持ちも起こってしまって。
映画なんだからと割り切れればいいんですけど。たぶん、実在した人物の伝記みたいな脚本にしたからじゃないかと。全くのフィクションにしてくれたらもっと受け入れやすく楽しめ、素直に感動できたんじゃないかなーと思います。

でも劇中、成功したかのように思えたバーナムは全てを失い、でもそこで何が本当に必要な人や物なのかと気が付きます。
これって本当にそう!と共感しました。



   にほんブログ村 映画ブログへ ← ポチっとよろしくです(*´ー`*人)
JUGEMテーマ:洋画



【PR】博多京風もつ鍋【浜や】
【PR】送料無料!小林製薬のコラーゲン&ヒアルロン酸セット
【PR】濃厚なコクと甘味・さらに低コレステロール!【村の採れたて地養卵】
【PR】送料無料最短当日発送☆ブロガー&雑誌で話題のアクセ「ジューシーロック」


 
| 洋画 ★★★ | comments(0) |
邦画『三度目の殺人』

<< あらすじ >>
「そして父になる」の是枝裕和監督が、再び福山雅治を主演に迎えて贈る法廷ミステリー・サスペンス。勝ちにこだわるエリート弁護士の重盛朋章は、同僚がサジを投げた依頼人・三隅高司の弁護を渋々ながらも引き継ぐことに。三隅の容疑は、解雇された工場の社長を殺害し、遺体に火をつけたというもの。30年前にも殺人を犯した前科があり、自白もしているため死刑は確実と見られていた。さっそく重盛は無期懲役に持ち込むべく調査を始める。ところが、肝心の三隅は証言をコロコロ変え、味方であるはずの重盛にも決して本心を語ろうとしない。そんな中、三隅と被害者の娘・咲江との意外な接点を突き止める重盛だったが…。     (by allcinema)
-----------------------------------------------------------------

法廷サスペンスはあまり好きではありません。
法廷シーンが時にだらだらと間延びすることがあるし。この作品も前半まで観ていてそう思いました。
でも、次々に証言をのらりくらりと帰る被告の何が真実なのか?などだんだん面白くなります。
周りの証言なんかが絡んできてどんどん混沌としてくる真実。
ま、きっとすずちゃんが・・・というのは最初からわかってはいたことだけど。
すずちゃんが証言に立つというあたりから話は大きく動き出し、ここからは面白く観れました。
日本の司法制度には情状酌量がとても大きく左右されます。これは『情』に厚い国民性からなんだろうけど、この作品のラストにはこのままでいいの?という疑問も考えさせられました。
人生において不条理や理不尽なことは少なからずあるもので、考えてもしょうがないや、と乗り越えていくしかないことも確かにあります。
でも司法というシステムの上であってはいけないと思うし、でも情を考えると・・と、葛藤してしまいました。
結局、この映画でも何が正義で何が真実なのか、自分で考えてみてくださいと是枝監督に投げかけられたような気がします。
ラストでの役所広司と福山雅治の会話のシーンのクロッシングさせた映像が印象深かったなぁ〜。
タイトルの意味もぼんやりとだけど何だかわかったような気がします。

でも、やっぱり静かにストーリー展開していく映画は私は苦手だなぁ(笑)



   にほんブログ村 映画ブログへ ← ポチっとよろしくです(*´ー`*人)
JUGEMテーマ:邦画


【PR】乳液いらずの化粧水♪オリーブドロップ モイスチュアローション
【PR】蟹をお得にお取り寄せ 【かに本舗】
【PR】ここでしか出逢えない、ストーリーのあるモノを。スタイルストア
【PR】月額980円で見放題!演劇動画配信サービス「観劇三昧」

| 邦画 ★★ | comments(0) |
洋画『オリエント急行殺人事件』 (2017)
評価:
---
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
¥ 3,202
(2018-05-02)

<< あらすじ >>
アガサ・クリスティーの名作ミステリーをジョニー・デップ、ジュディ・デンチ、ペネロペ・クルス、ウィレム・デフォーをはじめとする一流キャストの豪華共演で映画化。エルサレムで華麗に事件を解決した名探偵のエルキュール・ポアロは、イギリスでの事件解決を依頼され、イスタンブールでの休暇を切り上げ、急遽、豪華寝台列車オリエント急行に乗車する。ほどなくアメリカ人富豪ラチェットから、脅迫を受けているからと身辺警護の依頼を受けるが、これをあっさりと断る。ところが深夜、雪崩で脱線し立ち往生してしまったオリエント急行の車内でそのラチェットが何者かに殺害される。鉄道会社から調査を依頼されたポアロは、列車は雪に閉ざされており、犯人は乗客の中にいると確信、一人ひとりへの聞き込みを開始する。しかしやがて、乗客全員にアリバイがあることが明らかになるのだったが…。     (by allcinema)
-------------------------------------------------------------------

もちろんこの作品のアガサ・クリスティー原作も何度も読みましたし、映画やドラマとして映像化された作品も観てきています。
なので犯人もわかっているし・・・観るのにちょっと躊躇していた部分がありました。
でもでも!!!
それでもこの作品には心を揺さぶられましたよ。ジ〜ンと感動しました。今まで観たどの作品よりも私は好きです。
演出&脚本がとても素晴らしかったです。
そしてその演出&脚本をより良く演技した豪華キャスト陣。
特にミッシェル・ファイファーがよかったですね〜。
なんだか宣伝とはいえ、ジョニー・デップばかりがクローズアップされていましたけど。
エルキュール・ポワロ役にしてはちょっと若過ぎるような気はしたものの、監督兼主演のケネス・ブラナーはやっぱり凄いなぁ〜と改めて思わせた作品です。

ラストではまたケネス・ブラナーがやってくれるのね〜みたいな演出もあり、(たぶん)次回作品『ナイル川殺人事件』を楽しみに待っています。(外れたらごめんなさい・笑)



   にほんブログ村 映画ブログへ ← ポチっとよろしくです(*´ー`*人)
JUGEMテーマ:おすすめの一本!!(洋画


【PR】TVショッピングでおなじみ【日本文化センター】おすすめ商品情報
【PR】特選松阪牛専門店やまと
【PR】【じゃらん】国内25,000軒の宿をネットで予約OK!2%ポイント還元!
【PR】【HENRI LE ROUX アンリ・ルルー】カラフル焼き菓子詰合せ♪

| 洋画 ★★★★ | comments(0) |
やっとゆっくり
やっと仕事もプライヴェートも落ち着き、休みをゆっくり過ごせるようになりました。
ゆっくり過ごせないとなかなか映画を観る気持ちになれなくて^^;
アニメやドラマは少しずつ観てはいるんですけど。
でも、同僚が急に病欠になったり(もう3か月!)で毎日クタクタでして。
休みは休みですることが山積みでトホホ状態。
観たい映画も溜ってます(つд⊂)エーン
少しずつ消化していかなきゃ〜。
月曜日は有給をとったので4連休♡
映画三昧の日々になるかな??

 
| 雑記 | comments(0) |
洋画『ザ・フォリナー/The Foreigner (原題)』

<< あらすじ >>
英作家スティーヴン・リーザーの小説『ザ・チャイナマン』を、ジャッキー・チェン主演で映画化したサスペンス・アクション。マーティン・キャンベル監督が、手段を選ばず犯人を追う男を描く。ロンドンで起きた爆破テロによって、最愛の娘を亡くした中華料理店経営者のクオン(ジャッキー・チェン)。その昔、ベトナム戦争で特殊部隊員だった彼は、自らの手で犯人に復讐することを誓う。彼は犯人の名前を知るために、手掛かりを求めてアイルランド政府のヘネシー副首相(ピアース・ブロスナン)に接触するが・・・。
------------------------------------------------------------------

今までとは違うジャッキー・チェンを堪能しました。
アクションはあるものの、今までみたいなコミカルな部分は一切ありません。アクションも元米特殊部隊の訓練を受けたということで軍事的なアクションだし。
観る前にアチコチでピアース・ブロスナンと敵対みたいに煽っている宣伝を見たけど、敵対しているわけじゃありません。
2人の主人公が1つの事件を違う角度から追うみたいな感じです。
娘をテロ爆破事件で亡くしジャッキーは犯人を単独で追い復讐する過程で、元IRAで現副首相であるブロスナンに執拗に接近し犯人の名前を教えろと迫るんですけど。
ある意味、ブロスナンも騙されて嵌められて・・・なので結末は可哀想な気がするんですけど。
なんだか身内同士で騙して騙されたり、裏に政治的陰謀が動いたりで何だかなぁ〜と嫌な気分にもなりました。
ストーリーはとてもシリアスでして、じーっくり観てしまいましたよぉ。

それにしてもピアースも還暦越え。素敵な年の取り方をしていますね〜。さすが5代目ジェームズ・ボンド! 惚れちまうやろぅ〜でした(笑)



   にほんブログ村 映画ブログへ ← ポチっとよろしくです(*´ー`*人)
JUGEMテーマ:洋画



【PR】鼻炎・花粉症・イビキの悩みに『えぞ式すーすー茶』
【PR】米どころの本場新潟よりお届け!【新潟菓子工房 菜菓亭】
【PR】無添加国産キャットフード - visions(ヴィジョンズ)-
【PR】もっちもちで美味しい!寝かせ玄米

| 洋画 ★★★ | comments(0) |
洋画『天使にラブ・ソングを・・・』
評価:
---
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
¥ 1,545
(2012-12-05)

<< あらすじ >>
ウーピー・ゴールドバーグの人気を不動の物にしたミュージック・コメディ。とある殺人現場を目撃したために、組織に命を狙われるようになった売れないクラブ歌手が、裁判の日まで修道院でかくまわれるハメに。しかし、元々下町で下品に育った彼女がそんなに神聖にできるはずもなく、やがて、聖歌隊をゴスペル風に改造し……。   (by allcinema)
---------------------------------------------------------------------------------

ウーピーはやっぱりいい!大好きです。
この時期(12月)になるとなんとなく観たくなる映画の1つなんです。
クリスマス映画ではないけれど、クリスマス=キリスト教=クワイヤってことで(笑)
2と合わせて、もう何度観ただろう・・・。
90年代初頭のコメディ映画と言えばウーピー・ゴールドバーグですよね!

マフィアのボスである恋人の殺人現場を目撃してしまったしがないクラブ歌手・ドロレス役がウーピー。愛人に殺されそうになり警察に保護され匿われたのが修道院。そこからバタバタ騒動が繰り広げられます。
ドロレスの指導によって見違えるように上手になっていく尼僧の聖歌隊の合唱シーンも楽しいし、マフィアボスのおバカな手下たちが尼さんを殺せないとオタオタしたりと笑いどころが満載。
笑いだけじゃなくほのぼのな気持ちにさせてくれる作品です。

もう25年前の映画なのに、この頃から修道院長役のマギー・スミスはマクゴナガル先生(ハリポタのね)だったんだなぁ〜と(笑)全然変わっていません。あはは



   にほんブログ村 映画ブログへ ← ポチっとよろしくです(*´ー`*人)
JUGEMテーマ:My 殿堂入り映画


【PR】週刊現代(講談社)の公式ショッピングサイト!週刊現代の逸品
【PR】煙が多い電子タバコ◇イータバコの【eRollスターターキットスペシャル
【PR】芸能人も御用達 ”熊本ラーメン黒亭”
【PR】キッチン収納ならおまかせ!キッチン家具専門店

| 洋画 ★★★★★ | comments(0) |
| 1/32 | >>
Material by Night on the Planet
Template by NoIndex